プログラムについて

大会プログラム(全体、一般講演、ポスター発表、小集会)は、以下のリンクよりダウンロードして下さい。

総会、学会賞・奨励賞授与式、受賞講演

総会、学会賞・奨励賞授与式、受賞講演は、3月27日の9:00~12:30に、日本大学生物資源科学部本館4階大講堂(藤沢市亀井野 1866)にて行われます。

第57回大会開会挨拶
岩野 秀俊 大会長
会長挨拶
河合 章 学会会長
第57回総会
報告及び議事
  • 2012年度会務報告
  • 2012年度会計決算報告
  • 2013年度事業および予算案
  • 役員選挙細則、学会賞および奨励賞の選考に関する細則の一部改正について
  • 各種委員会報告
  • 次年度(第58回/2014年度)大会開催について
  • その他
名誉会員推挙状授与
松香光夫 会員
中筋房夫 会員
志賀正和 会員
奨励賞・学会賞授与
奨励賞

手柴 真弓 (福岡県農業総合試験場)
土着天敵と性フェロモンを核としたカキのフジコナカイガラムシの総合防除法

菊池 義智 (産業技術総合研究所)
カメムシ類における内部共生の機能と発達機構に関する研究

学会賞

小滝 豊美 (農業生物資源研究所)
カメムシ類の幼若ホルモンの構造決定とその機能の研究

刑部 正博 (京都大学大学院農学研究科)
ハダニ類の変異と環境適応に関する生態・遺伝学的研究

受賞記念講演
 
閉式の辞
 

シンポジウム「昆虫の休眠と多形の制御機構」

3月27日の13:30~16:00にシンポジウムが行われます。今回は「昆虫の休眠と多形の制御機構」というタイトルで3名の方にお話ししていただきます。多くの方のご参加をお願いいたします。

シンポジウムの趣旨

近年、昆虫においても遺伝子レベルの研究が著しく進展し、遺伝子型が表現型に及ぼす効果が次々と明らかにされている。一方、同じ遺伝子型をもちながら、環境に応じて異なる表現型を示す表現型多型(polyphenism)の研究も進んできた。表現型多型の代表例が休眠(diapause)と多形(polymorphism)である。昆虫の休眠は古くから多くの研究者の関心を集めてきており、チョウの季節型やコオロギの翅型などの多形の研究もよく知られている。

本シンポジウムでは、この分野の世界を代表する研究者であるDavid L. Denlinger教授に休眠の研究と害虫管理の接点について話していただく。さらに、休眠について神経細胞レベルで研究を展開している志賀向子教授と、多形の一つであるバッタの相変異における常識を覆した田中誠二博士に、最新の知見を話していただく予定である。

座長:
沼田 英治 (京都大学大学院理学研究科)
会長挨拶
河合 章 (野菜茶業研究所)
招待講演
David L. Denlinger (Ohio State University)
「Can diapause be manipulated to enhance pest management?」
志賀 向子 (大阪市立大学大学院理学研究科)
「昆虫の休眠制御に関わる神経機構」
田中 誠二 (農業生物資源研究所)
「バッタの相変異とその制御機構」
総合討論
 

懇親会

大会1日目に『鎌倉プリンスホテル(バンケットホール七里ヶ浜)』(鎌倉市七里ガ浜東 1-2-18)において行われます。懇親会会場へは、日本大学生物資源科学部からチャーターバスが出ます。会場へ直接行かれる場合は小田急江ノ島線にて「六会日大前」→「藤沢」、江ノ島電鉄線にて「藤沢」→「七里ヶ浜」下車、徒歩約8分、または循環バス(有料)にて「潮騒通り」下車、徒歩約1分。懇親会は17:30開宴の予定です。

各種委員会

大会前日~2日目にかけて、各種委員会を開催します。各種委員の方々はご参加下さい。

大会前日: 3月26日
12:00~15:00
常任評議員会 (A会場 本館3階中講堂1)
15:00~17:00
評議員会 (A会場 本館3階中講堂1)
17:00~18:00
電子広報委員会 (A会場 本館3階中講堂1)
18:00~20:00
委員・評議員懇談会 (本館ガレリア階スエヒロ食堂)
大会1日目: 3月27日
12:30~13:30
名誉会員昼食会 (本館7階73講義室)
大会2日目: 3月28日
12:00~13:00
日本ICIPE委員会 (R2会場 本館8階83講義室)
12:00~13:00
編集委員会 (R1会場 本館8階81講義室)
大会3日目: 3月29日
12:10~12:40
平成25年度技術士試験概要説明会 (A会場 本館3階中講堂1)

エクスカーションについて

第57回湘南大会に併せて、会員有志の企画によりエクスカーションを下記のとおり開催します。視察先は神奈川県海老名市の農家で、県内でも天敵を上手に利用した施設栽培農家がいる地区です。ご興味がある方はご参加ください。